タッチセラピーコラム9/13|子どもの頭痛とタッチセラピー【1】

 

タッチセラピーで子どもの頭痛を緩和することはできる?

私たちは、子どもが何かしらの不快感を訴えたとき、まずは薬を使わずにその症状に対処する最善の方法は何か考えます。すべての薬が間違っているとか、役に立たないというわけではありませんが、子どもの場合は、まず非侵襲的なアプローチを試みることが優先されるでしょう。

子どもでも頭痛に悩まされることは珍しくありません。

15歳までに75%近くの子どもが少なくとも1回は頭痛を経験し、多くは頭痛を繰り返すと言われています。

小児頭痛の原因にはいくつかの要因が考えられますが、単純に【遺伝的なつながり】というものもあります。頭痛持ちの親を持つ子どもは、自分も頭痛を経験する可能性が高いのです。

頭痛は何歳であろうと不快なものには変わりありませんが、小児期の頭痛は学校の欠席や行動上の問題とも関連しており、場合によっては深刻な健康問題であることを示しています。

なぜ頭痛が起こるのか子どもが頭痛とうまく付き合うにはどうしたらいいのか、そしていつ医師に相談すればいいのかを理解することが非常に重要です。

 

子どもの頭痛の原因

頭痛は、「頭や顔の構造における痛みや不快感」と定義されています。ほとんどの頭痛は、周囲の血管や筋肉の変化、または周辺組織の感染によって起こります。
血管の収縮、成長痛による首や肩の筋肉のこわばり、目、耳、歯、副鼻腔の状態などが一般的な指標となります。
その他、睡眠不足、脱水、ストレス、パソコンやiPad、テレビの長時間使用、ホルモンレベルの変化、大音量の音楽、強いにおい、食物アレルギー、カフェインの取り過ぎなども、小児頭痛に影響を与えます。

一般的な小児頭痛の種類は?

小児頭痛には、副鼻腔炎、片頭痛、筋収縮頭痛(緊張性頭痛)、群発性頭痛(血管性頭痛)、環境汚染から来る頭痛、うつ病性頭痛などいくつかあります。

副鼻腔炎による頭痛

慢性副鼻腔炎の子どもの10~15%は頭痛を繰り返し、目の周りや額に痛みや違和感を感じることが多いようです。痛みは頭部に響くのではなく、顔面に集中しますが、副鼻腔を触ると圧痛を感じることが多いです。また、鼻づまりやアレルギーがある場合は、このような頭痛が起こることがあります。

 

子どもの片頭痛

片頭痛は子供にはかなり一般的で、通常、学童期に始まり、思春期の女性に多くみられます。痛みは、頭の片側または両側にズキズキするような痛みがあり、時間とともに強くなり、通常、数時間から数日続きます。視覚過敏、吐き気や嘔吐を含む胃の不調は、片頭痛に付随してよく見られます。興味深いことに、片頭痛を経験する子どものほぼ80%に、家族の偏頭痛歴が認められます。

筋収縮性頭痛(緊張性頭痛)

筋収縮性頭痛、または緊張性頭痛は、小児頭痛の中で最も一般的なタイプで、多くの場合、感情的な要因によって引き起こされます。これらの頭痛は、圧迫感があり、鈍い締め付ける感覚と表現されます。一般的には吐き気や嘔吐を伴わないため、片頭痛とは区別されます。

片頭痛と同様に、筋収縮性頭痛も男児より女児に多くみられます。また、太り気味の子どもは、中学生くらいの子どもに比べて筋収縮性頭痛の発生率が高いといわれています。

群発性頭痛(血管性頭痛)

群発性頭痛(血管性頭痛)は、通常、年長の主に男性の青年に見られ、一般的に目の痛みや鼻づまりを伴うことが多いようです。痛みはかなり強く、夜間に起こり、1時間以上続くこともあり、通常、胃のむかつきは伴いません。

うつ病の子どもと頭痛

小児期の頭痛の中では症例が最も少ないながらも、辛い症状として認識されているのがうつ病に関連する頭痛です。うつ病の子どもの多くは、何日も、あるいはもっと長いスパンでひどい頭痛を訴えることがあります。このような頭痛は、心配事や強迫観念によって引き起こされる頭痛の可能性があります。



子どもが頭痛を訴えたとき、私たちにはどんなことができるでしょうか?

次回のタッチセラピーコラムでは、子ども達の頭痛の緩和に有効とされる、実際のタッチセラピー手順をご紹介します。

加えて、子どもの頭痛&子ども達のスクリーンタイムにまつわる電子冊子もコラム内でプレゼント予定です。












お楽しみに♪

* * *

\10月1日(土)にライブ講義開催!/

国際リドルキッズ協会
【ベビーマッサージ指導者養成講座】

タッチセラピーの世界的権威であるティナ・アレン先生から直接、ベビーマッサージについて学びませんか?


当講座では、

*子ども身体の仕組み・発達・動きに合わせた最新理論と手技
*教室開講に必要な保護者への指導法、準備方法、デモレッスン等

すべてテキスト・動画・ライブ講義を通して幅広く・手厚くティナ先生から学べます!


→オンライン受講で、今すぐ学習スタートが可能です。
また今からのお申し込みで、10月1日(土)のライブ講義も受講できます(録画配信あり)

▼お申込み受付中▼
【ベビーマッサージ
指導者養成講座】


受講生割引あり
※該当される方は
メールをご確認ください

 

 

 
下記2講座も、現在オンラインで開講中です:

●医療が必要な子どもたちへのタッチセラピー(小児タッチセラピー)指導者養成講座

●自閉症タッチセラピー指導者養成講座


どちらもいつからでも受講開始が可能となっています!
★ 各講座に受講生割引あり ★
(※メールをご確認ください)


■ 小児タッチセラピー
指導者養成講座


■ 自閉症タッチセラピー
指導者養成講座


 

 
 
長引くコロナ禍の中
頑張る子どもたちと皆さんのために
ティナ先生からの電子書籍プレゼント中

【子ども達のためにできること】
 

 

★WEBSHOPにて発売中★   

ティナ先生著
「子どものためのマッサージ」
では、
子ども向けのマッサージについて
理論と手技がイラスト付きで詳しく、
わかりやすく記載されています。
内容は教科書並みのボリュームですが、
親しみやすいイラストと
親子で楽しめる
「ストーリータッチ」などで
小さなお子さんにも人気の一冊です!


「子どものためのマッサージ」
詳細をみる

 

オンライン講座シリーズ▼
(注意:こちらは指導者養成講座ではなく、セラピスト認定は受けられません)

第1弾:小児タッチセラピー
 →詳細をみる

第2弾:乳幼児タッチセラピー
 →詳細をみる
第3弾:医療現場でのタッチセラピー →詳細をみる  

 

★リドルキッズWEBSHOP★
   
今後はこちらから、

講座や絵本の購入が可能になります。

オープン記念の
【オリジナルトート&バッジセット】も発売中♪

ぜひ覗いてみてくださいね!

 
 
 
Coming Soon ♪
ティナ先生新刊

「赤ちゃんのためのマッサージ」
(新型コロナウィルス感染拡大の影響により、当初予定していた日程より入荷が大幅に遅れてしまっております。現状では、11月頃の入荷を予定しております。お待たせしてしまっている皆様には申し訳ございませんが、ぜひ到着を楽しみに待っていてください!)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォローお待ちしております!