※テキストを大幅にリニューアルしました!

 

【小児タッチケアの世界的権威ティナ・アレン氏の講座が受けられるのはリドルキッズ協会だけ】


※講座Ⅰの募集となります。

講座は、

医療ケアを必要とする子どもたちのための小児タッチセラピーを学び、その方法を伝授していく方を育成する指導者養成プログラムです。

ティナ・アレン氏が米国の医療従事者たちと開発したプログラムを直々に指導いたします。

 



講座Ⅰ
では、

基本的な小児タッチセラピーの方法および症例に応じたタッチの方法を学んでいきます。

『小児への基本的なマッサージの方法』『ダウン症、白血病、脳性まひ、自閉症、関節リウマチなどの16症例の症状』についてタッチの方法を学んでいきます。

 

講座Ⅱでは、

脳性まひ、外傷性脳損傷、神経機能障害のためのセラピーを中心として、対応法を深く学び、実習時間を長くとり、タッチの練習を深めて参ります。

※Ⅰのみでも活動は可能ですが、Ⅱまで続けてお勉強しますとより理解が深まるかと思います。Ⅰの後にⅡをご受講お願いしております。
(現時点では、オンライン版のⅡの開催日程は未定です)

 

 


Ⅰ修了後『小児タッチセラピスト認定証』授与

Ⅱ終了後『小児タッチ上級セラピスト認定証』授与

 

 
 

 

【こんな方に受けていただきたい講座です】

わが子にタッチセラピーをしたいご両親

・障がいや医療ケアを必要とするお子さんのご両親

・医師、看護師、理学療法士、作業療法士など医療の専門家

・教師、幼稚園教諭、保育士といった子どもたちの教育に携わる方

・療育士、放デイ指導員、児童発達支援指導員、福祉士など療育のプロ

・臨床心理士、カウンセラー、セラピスト

・その他「小児タッチセラピー」に興味のあるすべての方々

 
 
 
【この講座を受けて得られる特典】
 

・ 卒業生コミュニティに参加できる

(元気会・Facebookグループへの招待)

(元気会とは・・・ティナ先生の卒業生同士のコミュニティ

講座の学びを生かした活動シェア・相談の場として

数か月に一度オンラインで開催)

 

・卒業後もティナ先生からの継続的サポートを受けられる

(質問がメール・LINEからできます)

 

 

【講座概要】

・小児タッチセラピーの技術と理論・健常児へのマッサージ

・医療ケアを必要性とする子供たちへのマッサージの方法

<ADD注意欠格、ADHD多動性障害、喘息、自閉症、癌、脳性麻痺、ダウン症、若年性関節リウマチ、難聴、筋ジストロフィ、脊椎披裂、末期疾患、視覚障害など>

・各年齢に応じた接し方とコミュニケーション方法

・こどもの成長と発達について

・小児マッサージに関する最新の調査研究とその見方

・小児マッサージの利点

・様々なバックグラウンドを持つ子供たちへのマッサージの考え方

・医療上、健康管理上、及び親への同意についての考え方

・マッサージ手技の実践と練習

 

 

【オンライン受講の流れ】

テキスト学習

動画学習

お申込み

11月初旬にご自宅に郵送されるテキスト(*)で小児タッチセラピーの理論やエビデンスに基づいた最新の情報を学びます。
メールで配信される動画や音声(**)でタッチの手技と実践的な指導テクニックを習得します。

<ご自宅にいながら自分のペースで学び、何度でも復習することができます。ティナ先生とのライブ会議(下記参照)に合わせて学習を進めてください。>

(*)テキスト:全164ページ
(**)動画や音声:永久保存版

ライブ講義
(2時間×2回)


Zoomでティナ先生と直接繋がり、小児タッチセラピーの基本的な概念をよりよく理解するための知識、経験、実践についてティナ先生が皆さんと共有します。

リアルタイムで講義を受講することで、ご自身が学んだことを実践しつつ、更に知識と経験を増やす機会が得られます。

また、ご自宅で学びを進める中でのご質問にもティナ先生がお答えします。

●ライブ講義日:
11月20日(土)10:00~12:00
11月27日(土)10:00~12:00

※ライブ当日は参加できなくても、
講義の録画を受講生全員に配信します

※ベビーマッサージ指導者養成講座のzoomの様子

 

最終試験

認定証授与

テキスト・動画・Zoomによるすべてのトレーニングを終えた後に、最終試験が実施されます。この試験は自宅で完了することが可能です。試験の結果に対しては、必要な補足事項も説明されます。

試験の合格者には、国際リドルキッズ協会「小児タッチセラピスト認定証」が授与されます。認定証には有効期限はありません。

講座修了後は、国際リドルキッズ協会事務局を通して活動のサポートを受けることができます。

 

 

【オンライン受講|よくあるご質問】
(クリックで回答がご覧になれます)

● Zoom講義日までにテキスト・動画学習を終わらせる必要はありますか?

● 自宅で一人でのオンライン受講に不安があります。学習の進め方、質問がある時や、受講後のサポートなどはどのようになっていますか?

● Zoom講義に都合が合わず、参加できない場合はどうなりますか?

● 動画学習に、視聴期限はありますか?

● 自宅での試験はどんな試験になりますか?提出期限はありますか?

● カード払いや分割払いは可能ですか?

● ベビーマッサージ講座を受講済みです。小児タッチセラピー講座との違いはなんですか?

● 今後、小児タッチセラピーIIや、自閉症タッチセラピー講座のオンライン版の開催予定はありますか?

 

 

ティナ・アレン氏は、アメリカ・ロサンゼルスの小児病院で初めて包括的なタッチケアのプログラムを開発・実施しました。

そのマッサージトレーニングの対象となったのは、難病を抱えたリハビリを行う子どもたちに関わるボランティアマッサージセラピストたち。

難病をかかえた子どもの中には、新生児集中治療室や新生児及び幼児救命センター、脳性まひ、二分脊椎、網膜化細胞腫など、大変深刻な状況にある子どもも含まれています。

その後世界的に有名なアメリカの大学UCLAにある「Mattel子ども病院」と「Cears-Sinaiメディカルセンター」にて小児マッサージプログラムを開発しました。

日本でも国立成育医療センターや東京都小児総合医療センターなどにて、保育士・看護師・保護者やスタッフへの指導を行うなど情熱的にボランティア活動も行っています。

・これまで触れてはいけないとされていた子
・触れられるのが嫌いだとされていた子
・誰にも触れられずにいた子
・どうして良いかわからず苦しんでいた親御さんたち

多くの方がティナ・アレン氏の届ける
タッチに癒され、救われています。

講座は、医療従事者はもちろん、必要とする全ての方を対象に、様々なケースにおけるタッチケアの利点や重要性についてリサーチに基づいた進歩的で包括的な指導法を伝授します。

必要としている方へ、一人でも多く届けられますように。

本トレーニングの講師であるティナ・アレン氏は、
米国ロスアンゼルスこども病院、UCLA内のMattelこども病院、Cedars-Sinaiメディカ ルセンター、TrinityKidzケアホスピス等で働く数々のマッサージセラピスト、ボディワーカー、看護師、医師、そして、その他健康管理のスペシャリ ストたちと、本トレーニングを開発してきました。

国際リドルキッズ協会は、本トレーニングを通じて、多くの人々が医療ケアを必要としている子供たちにマッサー ジを伝えていけることを望んでいます。

日本ではまだ広まっていない病院や医療機関でのマッサージ法について、米国の先駆者から学び、治療中の子供たちとお母さんお父さんを励ましていきませんか?

尚、卒業後のサポートは、国際リドルキッズ協会日本事務局にてティナ先生への卒業後の質問をはじめ、クラス開講や開業サポートなど親身に対応して参りますのでご安心ください。皆様のご参加をお待ちしております。

ティナ・アレン先生から直接ご指導いただくことができますのは1~2年に1度である中、この新設されたオンライン認定講座はこれまで様々な理由で講座を受講することが出来なかった方々にも素晴らしい機会となっています。

 


from TINA
Tina Allen | Liddle Kidz Foundation
治療中の子どもたちは、肉体的にも精神的にも様々な困難を抱えているため、その状況に合わせたマッサージの技術が求められます。本講座では、そうした子どもたちに対する手技方法を学び、また、個々の子どもたちの状況にどのように適応していくべきか、その利点や重要性についても考えていきます。さらに、セラピストは、マッサージの前、最中、終了後と、子どもたちひとりひとりのことを考え、対応していくことが求められます。医療ケアを必要とする子どもたちと接するにあたって、最も重要なことは、子どもたちに尊敬をもって接する方法を理解することです。私たちは常に、ひとり一人の子どもたちに対して、彼らの状況に応じたプライバシーを尊重していかなければなりません。本講座では、子どもたちを尊重し、注意深く配慮しながら、正しい方法でマッサージを紹介していく方法を伝授していきます。

 

 

【本講座についての注意事項】

本講座は、お母さんやご家族などにタッチの方法を教える資格です。

「小児マッサージ」という名目で、

小児患者に直接、

マッサージ及びタッチ療法を行うためには、

別途の資格を保持している必要があります。

(あんまマッサージ師、鍼灸師、理学療養士、作業療法士、看護士、医師などの免許)

本コースだけでは、小児患者に直接の手技療法を行うことは出来ません。

直接的な手技を行いたい方は、更なる勉強を続け、国家資格を取得しましょう。