ティナ・アレン氏来日記念イベント

パワー・オブ・タッチ・フォーラム2015
-みんなで宣言しよう!子どもたちのためにできること-

3回目を迎えるティナ・アレン先生来日記念フォーラム、

今年のテーマは「みんなで宣言しよう!子どもたちのためにできること」。

協会や団体の枠を超え、子どものタッチに関わる指導者やセラピスト、お母さんやお父さん、
教師や保育関係者たちと子どもたちのためにできることを宣言&行動していきましょう。

子どもたちのために何かしたい、しかしなかなか一人では行動に移せず、
知識と想いばかりが膨らんでいく。

そのようなご体験をされた方も少なくないでしょう。

知識と子どもたちへの想いが行動を起こすための動く力となり、
また皆様の活動地域で自らがタッチを広め、
一人の行動が人々を動かす原動力となることを実感する一日をお過ごしください。

今年一大イベント!<Let’s Take Action for Kidz!>

Let’s Take Action for Kidz! 略してLTAK企画では、参加者の皆さんから、
「子どもたちのために今、私ができること」を自由な発想で考えていただき、
その想いである物を完成させます・・・!

何ができるか、当日までのお楽しみに!今年のテーマでもある「みんなで宣言しよう!」を
実行に移していけるようにしましょう。

詳細・お申込みはコチラ
事前申込は大変お安くなっておりますので是非事前申込をご利用ください!

当日支払をご希望の方は、コチラからお申込ください!

フォーラムチラシ表 画像

【プログラム内容】
子どもたちのために何かしたい、しかしなかなか一人では行動に移せず、知識と想いばかりが膨らんでいく。そのようなご体験をされた方も少なくないでしょう。知識と子どもたちへの想いが行動を起こすための動く力となり、また、皆様の活動地域で自らがタッチを広め、一人の行動が人々を動かす原動力となることを実感する一日をお過ごしください。

<ティナ・アレン先生>「米国の医療施設や教育現場における小児タッチの現状とその背景」
米国の医療施設や教育現場では当たり前になりつつあるタッチケア。しかしすぐに受け入れられるものではありませんでした。タッチケアへの価値観の移り変わりや、その背景にあった出来事などについてお話しいただきます。国際リドルキッズ協会の歴史から、どのようにすれば、タッチがより多くの日本の医療施設や教育現場に受け入れていただくことができるのか、皆さんで一緒に考えていきましょう。

<大葉ナナコ先生>「幸せセラピストになるためのパワーチャージ」
日本におけるコミュニケーション不足がもたらす、次世代への影響。皆様が長期的なご活動を続けるには、まず自らが幸せなセラピストになる必要があります。家庭でできる親子のタッチケアはもちろんのこと、夫婦、きょうだい間でのタッチもそのカギとなります。本当の意味で、子どもたちのためにできることは何かについてお話いただきます

<山口創先生>「心理学から考えるメンタルケアと指導者の立場」
誰かをケアする際に、必ずと言っていいほど心のケアに着目する必要があります。心理学的な観点からとらえるメンタルケアとは。指導者という立場になったご自身のメンタルケアの重要性。指導者という立場だけではなく、一個人として、日本の母親が抱えやすい育児ストレスや自己受容と他者受容のバランス、そして自己肯定感を尊重することでさらに飛躍できる可能性についてお話いただきます。

<タッチアワード2015>
タッチに関する献身的な活動を表彰する「タッチアワード2015」の受賞者の発表、そして、受賞者によるプレゼンテーションも開催予定です。
タッチアワードはコチラ→http://touchaward.com/
(タッチアワード2015はお申込み受付中!9月30日まで)

<ビジョンメイキングQ&Aスキルアップ>
午前中の講演で、疑問に思ったことなど皆様からのご質問を集めます。ランチ交流会までに指定のボックスにご提出いただき、午後のワークショップ内にて講師3名からご回答いただきます。一人の問いが参加者全員の学びとなる体験です。

<ランチ交流会のお知らせ>
今年は、自由参加型のランチ交流会を行います。こちらでいくつかテーマを提示致しますのでご自身のご興味のあるテーマごとに集まっていただき、ランチの時間をお楽しみください。各団体等の枠を超え、子どものタッチに関わる指導者やセラピスト、お母さんやお父さん、教師や保育関係者たちと、出逢い、笑い、共感しあいましょう。
※お昼ご飯はご自身でご用意お願い致します。(昼食の購入時間は設けておりませんので、フォーラムにいらっしゃる前にお昼ご飯をご用意されることをお勧め致します。

<みんなで学ぼう!ティナ・アレン先生のタッチワークショップ>
ティナ先生のワークショップでは、参加者同士でタッチの練習をしながら、医療現場での事例紹介や皆さんからのご質問にお答えいただきます。講座以外でティナ先生から直接指導を受けることができるのはこの機会のみとなりますのでお見逃しなく!また、今年はティナ先生と仲間たちによるコラボワークショップを企画しております。感覚統合を刺激するリズム遊び・おもちゃ・赤ちゃん体操やセルフリラクゼーションのご紹介など、一段とパワーアップしたワークショップをご体験ください。

<Let’s Take Action for Kidz!>
Let’s Take Action for Kidz! 略してLTAK企画では、参加者の皆さんから、「子どもたちのために今、私ができること」を自由な発想で考えていただき、その想いである物を完成させます・・・!何ができるか、当日までのお楽しみに!今年のテーマでもある「みんなで宣言しよう!」を実行に移していけるようにしましょう。

 

****参加費****
【事前振込】
・午前のみ参加⇒¥3500
・午後のみ参加⇒¥3500
・終日参加⇒¥6000

【当日支払】
・午前のみ参加⇒¥4500
・午後のみ参加⇒¥4500
・終日参加⇒¥8000

皆様の参加費は、会場費等の諸経費となっております。
様の参加費によってこのフォーラムは支えられておりますので、何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

事前お申込みはコチラ↓
http://jabc.thebase.in/
当日支払の方はコチラ↓
http://liddlekidz.jp/2018wp/poweroftouch2014

<スケジュール>
9:00 開場
9:30 開演:ティナ先生登場・ご挨拶・基調講演
「米国の医療施設や教育現場における
小児タッチの現状とその背景」
10:45 大葉ナナコ先生講演
「幸せセラピストになるためのパワーチャージ」
11:15 山口創先生講演
「心理学から考えるメンタルケアと指導者の立場」
11:45 タッチアワードノミネート者上位3名プレゼ
12:00 ランチ交流会
13:05 ティナ先生ワークショップ&コラボ企画
15:30 タッチアワード表彰式
15:45 LTAK2015宣言タイム
16:30 終了

*お子様連れにてご参加いただけますが、託児スタッフがおりません。
他の参加者にご迷惑がかかる場合は、離席をお願いすることになりますのでご了承ください。

●お問い合わせはコチラ●
パワーオブタッチフォーラム実行委員会
info@liddlekidz.jp

●講座申込はコチラ●
講座申込みは下記のネットショップのみにてお申込み可能でございます。
みなさまのお申し込みを心よりお待ちしております。
http://jabc.thebase.in/

 

【タッチアワード募集開始!】

タッチアワードとは、お子さんの笑顔を育む、あなたのアイデア・想い・活動を募集し、
日頃よりお子さんとお母さんの笑顔を支える活動をされている方たちの想いを発表する場として始まりました。

選ばれた方たちが、11月に開催されますパワー・オブ・タッチ・フォーラム2015にて発表・表彰されます。

つきましては、タッチアワードへの応募をご検討くださいませ。

詳細⇒http://touchaward.com/

日頃よりお子さんとお母さんのために活動されている指導者やセラピストの皆さんの
たくさんのご応募を心よりお待ちしております。

自分にはできない、とは思わず、まずはあなたの子どもたちへの想いを教えてください!

(タッチアワードは国際リドルキッズ協会の枠組みを超えた表彰式ですので、他団体の方も大歓迎です。)

ご応募にあたり何かご不明点ござましたらいつでもお気軽にご連絡ください!