ベビーマッサージ

赤ちゃんの脳の発達にタッチケアが必要なわけとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生まれたばかりの赤ちゃんの脳は大人のような複雑な働きはまだできません。しかし大人と比べると脳は2倍以上も動くといわれ、生まれた時は数十億もの神経細胞を持っています。
これが結ばれて機能するためには、知覚、触覚、学ぶなど様々なことを体験してはじめてつながれていくのです。

タッチケアは赤ちゃんの肌に触れながら、優しく話かけ愛情をたっぷり与えますよね。そのタッチから受ける心地の良い癒しは赤ちゃんの脳細胞が機能するために欠かせない体験となるのです。

生まれたばかりの赤ちゃんの脳の重さは約300ℊ~350ℊといわれています。そのなかには1000億もの神経細胞があり、体の基礎的な動きをコントロールしています。

新生児の脳の成長はとても早く、生後2歳ぐらいまでの間にシナプス形成と呼ばれる細胞の発達が、最も盛んにおこなわれています。なかでも早い時期に成長するものが聴力と視力です。  そのためお母さんの声や顔を近くで見ることやふれあうことが、新生児の脳の発達にもたいへん利点となっているのです。

***************************
<2017年_講座>
お申込みはコチラ
http://liddlekidz.jp/application

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る