ADHD(注意欠陥/多動性障害)の子どもへのタッチセラピーの効果

タッチケアコラム

ADHDの子どもがタッチセラピーを受けた後、そわそわした挙動が減少し、活動過多が穏和されました。また自分自身を幸せだと感じることができ、課題に対しより多くの時間を費やすことができるようになったという研究結果が報告されています。

小児タッチセラピーは、緊張を和らげリラックスすることで不安が減少し、挙動や活動過多の症状を助ける可能性もあります。また、やさしい愛情のこもったタッチで触れることで幸福感を高め、集中力の改善を助ける可能性もあります。
by ティナ・アレン

日本国内では、医療を必要とする子どもたちとタッチに関する研究が不足しています。こうした研究結果が広まることで、こどもたちと親御さんに愛あるタッチが伝わることを願ってやみません。

★ADHD(注意欠陥/多動性障害)の子どもたちのためのアプローチは、
国際リドルキッズ協会の「小児タッチセラピー講座」または
「自閉症タッチセラピー講座」にて習得することができます。

国際リドルキッズ協会認定では、ティナ・アレン先生よりタッチケアについて学ぶことができます。
講座では、講義に加えタッチの手法も伝授いたします。
ティナ・アレン先生から直接ご指導いただくことができますのは1~2年に1度です。

定員に限りがございますのでお早めにお申し込みください!

来日講座スケジュールはコチラ
http://liddlekidz.jp/application

ピックアップ記事

関連記事一覧