小児タッチセラピーの基礎知識について

小児タッチセラピー

こんにちは、国際リドルキッズ協会の阿部です^^

今回は、小児タッチセラピーの基礎知識についてご紹介します。

小児タッチセラピーは、病気や障害を持つお子さんのリラクゼーションや症状の軽減など、あらゆるメリットがあることで注目されています。そのため、小児タッチセラピーの専門的な知識をつける為に、勉強を始める方がとても増えていますよね。タッチすることは親と子ども、看護師と子どもなど絆を育む愛情表現の一つとして心身のケアに欠かせないものですが、小児タッチセラピーは発達障害の子どもにも大変有効的なケアで、継続することで社会性の向上や運動機能がアップするなど様々な効果が分かっています。そこで早速ですが、小児セラピーの基礎知識についてご紹介します。

 

小児タッチセラピーのポイントについて 

小児タッチセラピーはあくまでも子どもが快適になることが目的のケアです。自閉症児のなかには触れられることを嫌がる子どもも多いため、そのような場合は決して無理をしないで始めましょう。また発達障害を持つ子どもは、同じマッサージやタッチでも必ずしも効果が出るとは限りません。刺激の受け止め方も個人差がありますので、一人一人にあったセッションを組み立てることが一番大切なポイントになります。では他にはどのような点を意識すると良いか早速見ていきましょう。

 

・タッチする時は軽いタッチだけでなくしっかりと圧をかける

・直接肌に触れるだけでなく、衣類の上からも行いましょう

・セッションを行う場合は子どもの要求を優先して何処をタッチして欲しいか聞いてみる

・アイコンタクトはタッチセラピーにとても大切な点ですが子どもの様子を見ながら不快な思いをしないように注意する

・セッションの間は言葉以外で子どもが発するサインを見逃さないこと

・タッチに抵抗を感じる子どもや過敏な場合は手を使わずブラシやタオルを使って腕や足から始める。続いて背中、そして手を使えるように慣れること

・触覚防衛反応がある場合は顔のタッチやマッサージは最初に始めないようにする

・体の他の部位から始め、様子をみること

・子どもによっては毛布などにくるまれた状態でセッションを希望する場合もあるため、その子に合わせた環境を整える

 

発達障がい・自閉症スペクトラムの子どもたち、医療が必要なこどもたちへのタッチケアやアプローチは、下記の講座にて習得することができます。

◎2018年講座日程◎

【大阪】

パワーオブタッチフォーラム in 関西 9/30㈰
ベビーマッサージ 10/6㈯~8㈷
小児タッチセラピーⅠ 10/11㈭~12㈮
小児タッチセラピーⅡ 10/13㈯~14㈰
自閉症タッチセラピーⅠ 10/18㈭~19㈮
自閉症タッチセラピーⅡ 10/20㈯~21㈰

【名古屋】

小児タッチセラピーⅠ 10/27㈯~28㈰
自閉症タッチセラピーⅠ 11/3㈯~4㈰

【東京or横浜】

ベビーマッサージ 11/9㈮~11㈰
小児タッチセラピーⅠ 11/15㈭~16㈮
小児タッチセラピーⅡ 11/17㈯~18㈰
自閉症タッチセラピーⅠ 11/22㈭~23㈷
自閉症タッチセラピーⅡ 11/24㈯~25㈰
キッズインコンタクト 12/1㈯~2㈰
緩和ケアor小児がんタッチセラピー 12/8㈯~9㈰

 

国際リドルキッズ協会認定では、ティナ・アレン先生よりタッチケアについて学ぶことができます。
講座では、講義に加えタッチの手法も伝授いたします。
ティナ・アレン先生から直接ご指導いただくことができますのは1~2年に1度です。

定員に限りがございますのでお早めにお申し込みください!

講座の詳細とお申込はこちら

 

【期間限定割引】をご用意しました!

2018年3月7(水)~4月30(祝)までにティナ先生の講座を2講座以上お申し込みの方は、1万円割引とさせていただきます。

詳細はコチラ⇓

2講座以上お申し込みの方割引スタート!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧