自閉症児とマッサージセラピーの関係について

自閉症

こんにちは、国際リドルキッズ協会の阿部です^^

今回は、【自閉症児とマッサージセラピーの関係】についてご紹介しますね。

自閉症児へのマッサージは、ストレス軽減、リラクゼーション、筋けいれんを軽減させるなどの効果が期待できることは様々な研究からも知られています。タッチセラピーも同様に、接触を怖がる自閉症児が触覚刺激に慣れ、身体意識を持つ良いチャンスにつながります。マッサージの介入により子どもの遊びでの課題や社会的な行動が促進されることも証明されており、自閉症特有の風変わりな行動も減るといわれています。さらに感覚統合を促進して胃腸環境を整えるなど、体にも大変効果を与えています。自閉症児とマッサージはとても密接な関わりがありますので、今後の自閉症の治療のサポートとしても大変注目されている方法のひとつです。

 

研究者たちが注目するセロトニンと自閉症の関係

セロトニンという物質は脳内の神経物質で気分を安定させる働きを持っています。マッサージセラピ―を行うと、この脳内物質の分泌が活発になるといわれていますセロトニンは血小板のなかの特定の血液細胞に存在し、特に集中しているのが脳幹の縫線核という部分です。睡眠を導入させる働きや体温の調整、気分の調整などにも大変密接な関係があると考えられています。そのため自閉症の研究者の間では、マッサージセラピーが与える効果に大変興味が集中しているのです。現時点では血中のセロトニンのレベルにより自閉症者の内科的な治療が変わることはありませんが、今後の薬剤の使用など自閉症者の治療が有効的になる期待がされています。場合によってはセロトニン再接種阻害剤が一部の自閉症者に処方されますが、個々の効果はさらに注目すべき点ですね。

 

オキシトシンと自閉症の関係 

オキシトシンは愛と抱擁の幸せホルモンとも呼ばれる気分をよくする物質の一つですマッサージセラピーはこのオキシトシンのレベルを高める効果があります。1906年、イギリスのヘンリーデールという研究者が分娩の経過を早くする物質が脳の下垂体に存在することを発見しました。この物質は母乳の量も増やす働きも同時に見つかっています。神経ホルモンであるこの「オキシトシン」は私達の生命活動に多くの影響を与えています。自閉症児はオキシトシンのレベルが低いことが共通点の一つといわれていますが、最近ではオキシトシン受容体遺伝子の変異体が自閉症が進むリスクになることもわかっています。マッサージセラピーは、軽い眠気やリラクゼーション、また多幸感を増やす効果がありますので、自閉症児のストレス解消やリラックスに大変効果をもたらします。

 

エンドルフィンと自閉症の関係 

 

エンドルフィンという言葉はあまり馴染みがない方が多いと思いますが、これは神経系と体の細胞により生成されるたんぱく質分子の一つで、天然の痛み止めとも言われる物質です。マッサージセラピーはエンドルフィンのレベルを向上させる効果があり、気分をよくする作用や慢性的な痛みの緩和に大変効果的です。エンドルフィンは脳内の神経伝達物質としてモルヒネのような痛み止めの働きを行います。アヘン剤受容体ニュートンと相互に作用して痛みが軽減する仕組みになっています。エンドルフィンはさらに食欲の安定、性ホルモンの放出、多幸感を増やし自閉症者にも色々なメリットを与えるのです。エンドルフィンは「ランナーズハイ」といわれるように、長時間の運動後に感じる快適感や達成感などの気分の良い物質を放出しています。

 

ドーパミンと自閉症の関係 

自閉症スペクトラム障害を抱えた人の約50%~80%がベッドに行きたがらない、ベッドでジっとしていられない、寝る前にイライラする、早朝に目を覚ますなどのトラブルを抱えています。不眠になる方も多く自閉症に共通する症状の一つになっています。ドーパミンは神経伝達物質の一つであるホルモンで、ニューロンを正常に機能させるために欠かせない物質です。ニューロンがオンになった時に活動を開始しますが、ドーパミンは意欲を活性化し、動きや睡眠を促進するなどの働きがあります。マッサージセラピーを続けるとドーパミンのレベルが向上するため、自閉症者か快適で安らかな睡眠がとれるようになるといわれています。睡眠に体する不安を取り除き、リラクゼーション効果を高めることで自閉症者の睡眠の質も向上させることが可能なのです。

 

口腔感覚を刺激する意味について 

子どもの保温度は乳児期やよちよち歩きの頃、発達段階として口内の刺激を求めるようになります。新生児が栄養を見つけて母乳やミルクを自然に飲むように、自分の力で周囲を探りだすのです。口内の感覚と刺激は、気分の安定、または目覚めの手段になり感覚機能を発達させるためにとても重要です。自己調整をするプロセスとして私達の体の働きに欠かすことはできません大人になると深呼吸や歌う、話をする、食べる、など色々な動作を行いますよね。しかしASD児は環境から情報処理をする方法が非常に異なり、人によっては苦痛に感じる場合もあるのです。特定の刺激に過敏な子どもが、ほかの刺激には低反応を示すなどばらつきも見られることがあります。マッサージセラピーで顔や口腔の筋肉をリラックスさせることで鎮静効果、そして覚醒などのメリットが期待できるといわれています。

 

国際リドルキッズ協会では、12月10(土)に下記のABA(応用行動分析)を利用した言葉がけのセミナーを開催します。ご興味のある方や詳しく知りたい方は、是非ご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 言葉がけひとつで子どもの行動が変わる!「魔法の言葉がけ」セミナー開催 】

~イライラは卒業・HAPPYママになるコツ~

「発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉がけ」「言葉がけひとつで行動が変わる!子どもの叱り方・伝え方」の著者&自閉症療育アドバイザーのshizu先生が、子どもの力を伸ばし、毎日を一緒に楽しく生活するコツを教えてくれます

魔法の言葉は、実はとても簡単に日常に溢れている言葉ばかりです。ABA(応用行動分析)を利用した言葉がけひとつで大きく変わる子どもの行動!お母さんたちをはじめとする子どもと接する大人たちが、「なんで!?なんでなの!?」と日々頭を悩ませている子どもの行動は、ちょっとした言葉がけを変えるだけで大きく変わるのです。そんな魔法のような言葉がけを知ってみたいと思いませんか?

お母さんだけでなく、子どもたちに携わる方にもおススメのセミナーです。保育士、支援士、教師、看護師、医師、マッサージ師、セラピスト、理学療法士、作業療法士、ベビーマッサージ講師、ベビーヨガ講師、マタニティ・産後ヨガ講師・・・などなど、ご興味のありましたら、是非ご参加ください。

516xqcbwwcl__sl500_aa300_83338-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<実践したお母さんたちの感想>

●息子と私のイライラが緩和され笑顔が増えました!

●子どもたちがとても素直にお手伝いや下の子の面倒を見てくれるようになりました

●イヤイヤ期で子どもに振り回されイライラしていましたが、子どもも落ち着きました!

Shizu先生からのメッセージ~

ABA(応用行動分析)を利用した言葉がけは、すべての子育てに有効です。子どもとの関係が悪化しているのであれば、普段の言葉かけを見直してみませんか?親子の自己肯定感が高まり、笑顔が増えますよ

Shizu先生プロフィール

%e3%81%97%e3%81%9a%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5

自閉症療育アドバイザー 中学1年、小学4年の母、3歳のとき、自閉症と診断された長男は、ABAとの出会いで大きく成長。講演会・ワークショップなどで、子どものことで悩んでいる保護者に、日常生活のなかでできる楽しいかかわりや言葉がけを紹介。著書『発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ』講談社『言葉がけひとつで行動が変わる!子どもの叱り方、伝え方』PHP研究所・ブログ(shizuで検索)http://ameblo.jp/kirakirahikaruhoshi117/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時:20161210(土)10:00~11:30

会場:青少年交流活動支援スペース(第一研修室)
  青少年交流活動支援スペースHP↓
http://yokohama-youth.jp/kkspace/
JR「 桜木町駅」 徒歩3分又は、市営地下鉄「桜木町駅」 徒歩1分

受講料:一般 5,000円、     JABCとリドルキッズの卒業生&受講生 4,000円

ご予約:お申込みホーム

お問い合わせ:0466775026 info@jabc.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発達障がい・自閉症スペクトラムの子どもたちへのタッチケアやアプローチは、下記の講座にて習得することができます。
小児タッチセラピーⅠ 大阪2017.4.15~16
小児タッチセラピーⅡ 大阪2017.4.22~23
小児タッチセラピーⅠ 横浜2017.6.1~2
小児タッチセラピーⅡ 横浜2017.6.3~4
小児タッチセラピーⅠ 沖縄2017.5.20~21

自閉症タッチセラピー 大阪or京都2017.5.3~4
自閉症タッチセラピー 横浜2017.5.29~30
自閉症タッチセラピー 静岡2017.6.17~18

国際リドルキッズ協会認定では、ティナ・アレン先生よりタッチケアについて学ぶことができます。
講座では、講義に加えタッチの手法も伝授いたします。
ティナ・アレン先生から直接ご指導いただくことができますのは1~2年に1度です。

定員に限りがございますのでお早めにお申し込みください!

2017年来日講座スケジュール&お申込みはコチラ⇒http://liddlekidz.jp/application

 

発達障がい・自閉症スペクトラム・医療が必要な子どもたちへのタッチケアやアプローチは、下記の講座にて習得することができます。
************************

国際リドルキッズ協会認定では、ティナ・アレン先生よりタッチケアについて学ぶことができます。
講座では、講義に加えタッチの手法も伝授いたします。
ティナ・アレン先生から直接ご指導いただくことができますのは1~2年に1度です。


定員に限りがございますのでお早めにお申し込みください!

来日講座スケジュール詳細&お申込はこちら⇒http://liddlekidz.jp/application

講座名 場所 2019年 開催日
小児タッチセラピー 横浜 10/12~13
小児タッチセラピー 横浜 10/14~15
ベビーマッサージ 横浜 10/18~20
小児タッチセラピー 長崎 10/27~28
自閉症タッチセラピーⅠ 長崎 11/1~2
自閉症タッチセラピーⅡ 長崎 11/3~4
NICUタッチセラピー 大阪 11/12~13
小児タッチセラピー 大阪 11/16~17
小児タッチセラピー 大阪 11/18~19
トラウマタッチセラピー 大阪 11/23~24
自閉症タッチセラピーⅠ 東京 1/11~12
自閉症タッチセラピーⅡ 東京 1/13~14
緩和ケアタッチセラピー 東京 1/18~19
キッズインコンタクト 東京 1/25~26
自閉症タッチセラピーⅠ 沖縄 2/2~3
キッズインコンタクト 沖縄 2/8~9

ピックアップ記事

関連記事一覧

卒業生が活躍しています