自閉症への効果的なアプローチと療法について

自閉症

アプローチについて

自閉症は治癒させることが難しい疾患の一つです。そのため治療はその子どものニーズに合わせ有効的な療法を行うことが大切です。自閉症スペクトラムと診断されても近年色々な療法がありますので、特定の症状に対処できるようにあらゆる角度からの治療ができるようになっています。自閉症の治療の目的は、疾患を抱えた子どもたちの生活の質を向上させ、機能的な自立をする事です。最も優れた療法というものはないため、それぞれの症状や経過によってアプローチしないといけません。早速ですが自閉症の子供に一般的に行われる療法の代表的なものをご紹介したいと思います。

 

教育的介入について

自閉症の症状には学習能力の低下などが目立つ特徴があります。そこで治療のアプローチでは教育的介入がとても重要になり、読解のスキルや学問強化などサポートすることが大切と考えれています。機能的なコミュニケーションは成長とともに重要な役割をもち、共同生活や社会的スキルを伸ばすことが必要になります。そのため色々なプログラムの開発がされ教育的介入が行われます。実際には2007年の研究により、毎週家庭訪問を続け治療センターベースのプログラムの増加により、自閉症児の認知発達や行動改善効果があることが分かっています

 

そこで教育的介入とはどのようなことを行うのか、早速共通点を見ていきましょう。

・年間少なくとも週に25時間の集中的な介入を行う

・予測できるルーチンを集中力を高めるための物理的境界を含む仕組みを作る

・最終的診断を待たずに早期的な介入をする

・教師一人当たりの生徒数を減らし集中的な介入を行う

・本人以外にも両親をはじめとした家族の参加

・系統的に計画し介入を継続して測定を行い、必要に応じて調整する

・神経学的に機能が正常な友人との交流を深める 

 

など以上のような実践的なモデルプログラムが開発されています。教育的介入では、スキルを習得したのちに、新しい状況に応用できるように一般化を試みるなど、幅広い介入を行い、ゴールである自立に向けてのサポートや治療を進めることが大切となっています。

 

行動修正療法について

自閉症の行動と診断の治療にもちいられる色々な技法の裏付けとなるのがABAと呼ばれる応用行動分析です。一対一で自閉症児に適した課題を集中的に教える目的があります。

 

***********************

発達障がい・自閉症スペクトラム・医療が必要な子どもたちへのタッチケアやアプローチは、下記の講座にて習得することができます。
************************

国際リドルキッズ協会認定では、ティナ・アレン先生よりタッチケアについて学ぶことができます。
講座では、講義に加えタッチの手法も伝授いたします。
ティナ・アレン先生から直接ご指導いただくことができますのは1~2年に1度です。


定員に限りがございますのでお早めにお申し込みください!

来日講座スケジュール詳細&お申込はこちら⇒http://liddlekidz.jp/application

講座名 場所 2019年 開催日
小児タッチセラピー 横浜 10/12~13
小児タッチセラピー 横浜 10/14~15
ベビーマッサージ 横浜 10/18~20
小児タッチセラピー 長崎 10/27~28
自閉症タッチセラピーⅠ 長崎 11/1~2
自閉症タッチセラピーⅡ 長崎 11/3~4
NICUタッチセラピー 大阪 11/12~13
小児タッチセラピー 大阪 11/16~17
小児タッチセラピー 大阪 11/18~19
トラウマタッチセラピー 大阪 11/23~24
自閉症タッチセラピーⅠ 東京 1/11~12
自閉症タッチセラピーⅡ 東京 1/13~14
緩和ケアタッチセラピー 東京 1/18~19
キッズインコンタクト 東京 1/25~26
自閉症タッチセラピーⅠ 沖縄 2/2~3
キッズインコンタクト 沖縄 2/8~9

ピックアップ記事

関連記事一覧

卒業生が活躍しています