TOP > セラピスト_東海・近畿 > ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森

ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森

ベビー小児タッチ脳性まひ自閉症
2014.08.04更新

名前:はやしひろこ

メールアドレス:aroma@tsumuginomori.com

サロンやお教室名:ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森   http://tsumuginomori.com

活動場所:大阪府大阪市

【プロフィール】

「触れることは愛を伝えること」をテーマに大阪を中心にタッチケアを伝える活動をしています。

18年前、長男が新生児重度仮死のため、NICUに入ったことをきっかけにベビーマッサージを始めました。

触れることで、子どもの心身が変わり、笑顔が増え、

触れている私自身が未来の心配や過去の後悔から解放されました。

触覚刺激がもたらす心身への効果や、愛着が深まるという自身の経験を経て

クリニカルアロマセラピストになりました。

緩和ケア病棟でのターミナルケアや医療の場でのアロマセラピーケアを積み重ね、

2004年にケアルームつむぎの森を立ち上げ、10年にわたり、

進行性のがんの方や難病の方、うつ病、パニック障害や摂食障害の方の

おからだに延べ4000名以上、触れさせていただきました。

 

また産婦人科医、心療内科医、看護師、助産師らと

NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラムを立ち上げました。

2009年にはタッチケアに関する医学的研究を行う、

マイアミ大学併設のTouch Research Institute にて、

タッチケア研究の権威であるティファニー・フィールド博士より

低出生体重児のタッチセラピー研修を受け、

ラヴィングタッチインストラクター養成をはじめました。

医療従事者、アロマセラピスト、教師、心理職の方を対象に

インストラクター養成を行い、各地で活動が広がっています。

 

ケアルームでは定期的に、ママと赤ちゃん、子どもたちが

タッチケアや触覚刺激による遊びを通して、

心身を整え、絆をを深める深めるタッチケア教室を開催しています。

また2012年からは特別なケアが必要なお子様、

障がいのあるお子さんをもつお父さん、お母さん、ご家族の方、支援者、

医療従事者を対象にした小児タッチセラピー教室を開催しています。

大切なお子様の痛みを和らげ、笑顔の時間を増やしたい・・。

そんなご家族の思いを、優しい愛のこもったタッチで伝えるレッスン教室です。

 

触れることは触れられること。

さまざまな研究では、タッチケアを受けた子どもはもちろん、

お父さんお母さんも、心身を整え絆を深めるオキシトシンホルモンが分泌され、落ち着きや安心、痛みの緩和、自己肯定感の向上などが報告されています。

 

大阪京橋のケアルームでの教室とともに、

ご自宅や病棟への出張レッスンも承っています。

(主治医の同意が必要です・京橋より30分圏内)

どうぞお気軽にお問い合わせください(*^_^*)

 

【資格】

・ホリスティックアロマセラピーケ アルームつむぎの森主宰

・NPO法人日本ホリスティック医学協会理事

・NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラム理事

・KAF認定ラヴィングベビータッチインストラクター講座主任講師

・AHCP認定クリニカルアロマセラピスト

・AHCP認定リフレクソロジスト

・国際リドルキッズ協会認定医療ケアが必要な子どもための小児タッチケア上級セラピスト

The American Board of Hypnotherapy認定催眠療法士

Dr. Kataria School of Laughter Yoga認定ラフターヨガリーダー

・クォンタムタッチ(R)認定インストラクター

・大阪府立大学総合科学部人間関係科卒

 

著書『赤ちゃんとママのしあわせタッチケア~ラヴィングタッチではぐくむ親子の絆』学陽書房