TOP > NEWS > 「小児マッサージは子どもたちの攻撃性を低下させる」

「小児マッサージは子どもたちの攻撃性を低下させる」

2014.04.23更新

こんにちは。国際リドルキッズ協会事務局です。
ティナ先生から紹介された、スウェーデンの"Acta Pediatrica"という論文誌に『小児マッサージは子どもたちの攻撃性を低下させる:長期的な研究』という内容がありますので、要約を載せますね。
 「未就学児の子どもで、問題行動などを起こしていたグループの子どもたちに、日常的にタッチをほどこしたところ、3ヵ月後には攻撃性が低下するという結果が見られました。6ヵ月後には、特に頻繁にマッサージを受けた子どもにおいて更なる改善がありました。保護者たちからは、子どもが社会的にも以前よりなじみ、家庭の中でも問題行動が減ったという声があがりました。12ヶ月をとおして、子どもたちに大きな変化がみられたので、毎日5~10分程のタッチをおこなうのは問題行動や攻撃性を弱めていく効果のあることがわかりました」
これは、キッズインコンタクト指導者養成講座でも取り上げられる内容です。こうした調査結果があると、タッチの意味をよりよく理解することができますね。これからもこうした論文を時々紹介していきたいと思います。
キッズインコンタクト写真2
これは、論文誌"Acta Pediatrica"からの抜粋ですので、記事の全文(英語)が見たい方は下記をご覧くださいね。