TOP > NEWS > 幸せホルモンを増やすベビーマッサージ

幸せホルモンを増やすベビーマッサージ

2018.10.10更新

幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」はリラックス効果があり、母乳の出をよくする効果があることもわかっています。妊娠中の女性のオキシトシンホルモンはお腹の中の赤ちゃんと密接な絆づくりに欠かせないもの。愛と絆のホルモンとも言われ子育てに大切な親子関係にも関わっています。

オキシトシンは女性だけでなく男性にも同様に生成され、相手の好意的なタッチやマッサージなどのアクションによりオキシトシンの分泌を高めることが可能です。


脳内でこのホルモンが増加すると眠気が訪れ穏やかで幸せな気持ちになります。
イスラエルの博士による研究では妊娠初期3か月間のオキシトシンの濃度が高い母親ほど新生児との絆が強くなることがわかっています。赤ちゃん誕生後に強い絆で親子関係を築くためにも幸せホルモンは重要な存在なのですね。

国際リドルキッズ協会の講座では、研究結果に基づいた正しいタッチケアの知識を身につけることができます。また、医療ケアが必要な子どものためのタッチケアが学べるのはリドルキッズ協会だけ!

満席間近となりましたので、ご検討中の方はお早めに!

**********************************************
《講座開催スケジュール》

【大阪】
・ベビーマッサージ:10月6~8日→受付終了
・小児タッチセラピー1:10月11~12日
・小児タッチセラピー2:10月13~14日
・自閉症タッチセラピー1:10月18~19日
・自閉症タッチセラピー2:10月20~21日

【名古屋】
・小児タッチセラピー1:10月27~28日
・自閉症タッチセラピー1:11月3~4日

【東京or横浜】
・ベビーマッサージ:11月9~11日
・小児タッチセラピー1:11月15~16日
・小児タッチセラピー2:11月17~18日
・自閉症タッチセラピー1:11月22~23日
・自閉症タッチセラピー2:11月24~25日
・キッズインコンタクト:12月1~2日
・小児がんタッチセラピー:12月8~9日

**********************************************
講座の詳細&お申込はこちら↓
http://liddlekidz.jp/welcome

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、寝てる(複数の人)、赤ちゃん、クローズアップ