TOP > NEWS > 世界で行われているベビーマッサージとタッチの歴史

世界で行われているベビーマッサージとタッチの歴史

2018.09.30更新

タッチとマッサージは世界のあらゆる文化で数千年前ほどから行われています。
インド、アフリカ、南太平洋では両親が赤ちゃんにマッサージをするのは習慣のひとつであり、代々親から受け継がれています。
ニュージーランドのマリオ族は鼻の形が良くなるように願い、赤ちゃんの脚をまっすぐに伸ばして行うマッサージ、キューバではオイルににんにくを混ぜたものを赤ちゃんの腹痛を軽減するときにマッサージで使う習慣も。ニューギニアでは赤ちゃんが泣くのはお母さんの身体にくっつきたいから、という言い伝えがあるほどです。


現在ではアメリカ、カナダ、ヨーロッパをはじめとする多くの地域で、ベビーマッサージは親子関係を強化するために欠かせないものとして習慣になりつつあります。タッチ療法の効果は様々な研究により子どもたちに想像以上の恩恵を与えるものとして信頼されています。

***************************************
直近の講座は満席間近となりました!
ご検討中の方はお早めにお申込ください。

《講座開催スケジュール》
【大阪】
・パワーオブタッチフォーラム :9月30日
・ベビーマッサージ:10月6~8日
・小児タッチセラピー1:10月11~12日
・小児タッチセラピー2:10月13~14日
・自閉症タッチセラピー1:10月18~19日
・自閉症タッチセラピー2:10月20~21日
【名古屋】
・小児タッチセラピー1:10月27~28日
・自閉症タッチセラピー1:11月3~4日
【東京or横浜】
・ベビーマッサージ:11月9~11日
・小児タッチセラピー1:11月15~16日
・小児タッチセラピー2:11月17~18日
・自閉症タッチセラピー1:11月22~23日
・自閉症タッチセラピー2:11月24~25日
・キッズインコンタクト:12月1~2日
・小児がんタッチセラピー:12月8~9日
***************************************
講座の詳細&お申込はこちら↓

http://liddlekidz.jp/welcome