TOP > NEWS > タッチセラピーを完全に中止しないといけない場合

タッチセラピーを完全に中止しないといけない場合

2018.09.15更新

小児がんの子どもたちはそれぞれ症状が異なり、すべての患者がタッチセラピーを受けられるわけではありません。化学療法の薬のなかには貧血を伴う治療、十分に安静が必要になる場合もありますので、ガイドラインに沿ってタッチセラピーを行う必要があります。
例えば...


つづきはこちら↓

http://liddlekidz.jp/column/archives/590