タッチケアで知っておきたい感覚統合の知識について

小児タッチセラピーやタッチケアは発達障害や病気、けがで入院している子どもたちへの癒し効果がとても高いといわれています。
小児タッチケアセラピストが日本国内でも徐々に増えています。
肌へのタッチは脳で認識され、子どもの発達にはとても重要な意味を持っています。この感覚の統合は、「聞く・見る・食べる・触れる・匂う」の五感から得ています。しかし発達障害がある子どもは…

フォローお待ちしております!