TOP > NEWS > 小児タッチケアセラピストの心得

小児タッチケアセラピストの心得

2018.04.20更新

~柔軟性~

小児タッチセラピストの心得で最も大切にしたいのが、
~柔軟性~といっても過言ではありません。

子どもたちと接する際には、柔軟に対応することが求められます。
セラピスト自身の計画や準備もあるかもしれませんが、子どもたちには「こうしてほしい」と要望する権利があります。
タッチケアの範囲や圧力、速さや長さなど、子どもたちにも様々な要望があるのです。

私たちセラピストの重要な役目は、こうした子どもたちひとり一人の要望に応え、敬意を払って子どもたちと向き合うことです。

by ティナ・アレン

***************************

◎2018年講座日程◎

【京都or大阪】

・パワーオブタッチフォーラム in 関西@9月30㈰

・ベビーマッサージ@10月6㈯~8㈷

・小児タッチセラピーⅠ@10月11㈭~12㈮

・小児タッチセラピーⅡ@10月13㈯~14㈰

・自閉症タッチセラピーⅠ@10月18㈭~19㈮

・自閉症タッチセラピーⅡ@10月20㈯~21㈰

【名古屋】

・小児タッチセラピーⅠ@10月27㈯~28㈰

・自閉症タッチセラピーⅠ@11月3㈯~4㈰

【東京or横浜】

・ベビーマッサージ@11月9㈮~11㈰

・小児タッチセラピーⅠ@11月15㈭~16㈮

・小児タッチセラピーⅡ@11月17㈯~18㈰

・自閉症タッチセラピーⅠ@11月22㈭~23㈷

・自閉症タッチセラピーⅡ@11月24㈯~25㈰

・キッズインコンタクト@12月1㈯~2㈰

・緩和ケアor小児がんタッチセラピー@12月8㈯~12月9㈰

国際リドルキッズ協会認定では、ティナ・アレン先生よりタッチケアについて学ぶことができます。
講座では、講義に加えタッチの手法も伝授いたします。
ティナ・アレン先生から直接ご指導いただくことができますのは1~2年に1度です。
定員に限りがございますのでお早めにお申し込みください!

*************************

※2018年講座お申し込み割引は今月末日まで!

詳細はコチラ⇒http://liddlekidz.jp/archives/2899

国際リドルキッズ協会ホームページ http://liddlekidz.jp/