TOP > NEWS > パワーオブタッチ研究会でティナ先生のプレゼンテーションをしてきました。

パワーオブタッチ研究会でティナ先生のプレゼンテーションをしてきました。

2013.02.21更新

こんにちは。国際リドルキッズ協会事務局の市居です。先日、誕生学協会様のパワーオブタッチ研究会にて、ティナ先生のパワーポイントプレゼンテーションをご紹介させて頂きました。

子どもたちへのマッサージやタッチセラピーの利点として・・
子どもたちには、成長と発達、筋肉のはり、神経の発達、脳の発達、睡眠パターン、胃腸機能(規則的な便通)の面で利点があり、また、自閉症の子どもたちには、社会との関わり方や触覚への嫌悪感、感覚統合、身体への意識、睡眠パターン、胃腸機能、リラックスとストレスの減少などの面で利点があることなどをご報告してきました。

また、子どもたちがお友達との関係やいじめなどで受けたストレスは、コルチゾールの濃度レベルを上げ、脳の海馬に影響を及ぼすこと、また、タッチが子どもたちの不安を和らげたり、集中力や想像力を高めたりすることに有効であることが報告されました。

今年2013年11月には、子どもたちが抱える不安やストレス、いじめ問題などにフォーカスした子どものタッチセラピー講座を開講予定しています♪詳細が決まりましたら、またご報告してまいりますね。

自閉症児のための小児タッチセラピーの調査研究も、多くの方にご協力いただき、調査が進んでいます。今年の秋までにはなんらかの形で発表できるよう、努力してまいります。