TOP > NEWS > タッチによる刺激

タッチによる刺激

2015.12.05更新

赤ちゃんや子どもは、触られることによる刺激を強く求めています。
抱きしめたり、ほめられたり、抱えられたり、といった安心できるケアなくして、子どもの要求を満たすことはできません。
また、子どもは、会話をする上でのお互いの距離感(約45cmから60cm)など知りません。
タッチや身体接触は、子どもがコミュニケーションをとる上で必要不可欠な方法であり、世話をする人は、こうした子どもとの接触を無視したり、拒否したりしてはならないのです。

 

医療福祉施設に従事している専門家の間では、タッチ療法にヒーリングの効果があることや体への重要な役割があることついては、長年伝えられてきたことです。
子どもへのタッチケアは背中をさすったり、マッサージをしたり、スキンケアをして筋肉や皮膚のメンテナンスをするだけでなく、心理的なサポートや喜びを与えることができます。
そしてそのことが社会的に当たり前のことだと捉えてもらうことが大切です。
また、クライアントが手術に入る際、あるいは術後のリハビリを行う際、手を握ったり、振ったりするなどの触れ合いを通じて恐怖心を和らげることができます。

 

医療福祉施設では、あらゆる年齢層やグループの活動にタッチ療法を取り入れること可能です。
例えば、子どもは、身体や服を指さしたり、触ったりしながらの言葉遊びが大好きですし、楽しむ感覚で言葉と概念を結びつけることによって言語を発達させていきます。

***************************
医療ケアの必要な子どもたちにとってタッチケアはとても重要なものであることがよくわかりますね。
様々な医療ケアが必要な子どもたちの為に、タッチの重要性や方法について学ぶことができます。

 

12/19-12/20 医療ケア小児タッチセラピー養成講座 Ⅰ 京都  残席2名
12/22-12/23 医療ケア小児タッチセラピー養成講座 Ⅱ 京都  残席6名
12/26-12/27 自閉症の子どものためのタッチセラピー養成講座 京都 残席2名
1/9-1/10 医療ケア小児タッチセラピー養成講座  長崎  残席8名
1/11 パワー・オブ・タッチフォーラム2015 in 長崎 長崎 残席有
1/15 - 1/17 ベビーマッサージ養成講座 東京 残席9名
お申込みはコチラ→ ティナアレン氏講座お申込み

 

***************************

 

なお、WEB上での決算の方法がわからない方、ご不安がある方は、下記申込フォームよりご連絡ください。ご受講をお悩みの方もこちらからお申込みください。決算が確定するまでは、本申込とはなりませんので予めご了承くださいませ。

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

ローマ字 (必須)
Hanako Yamada とお名前をローマ字表記してください。認定証に記載されます。

メールアドレス (必須)

電話番号

郵便番号

都道府県

住所

ご職業

年齢

過去にティナアレン先生の指導者養成講座に参加したことがありますか?
はいいいえ

お申込み講座
(東京)ベビーマッサージ指導者養成トレーニング(横浜)小児タッチセラピー指導者養成トレーニングⅠ(横浜)小児タッチセラピー指導者養成トレーニングⅡ(東京)自閉症児のためのタッチセラピー指導者養成トレーニング(横浜)キッズインコンタクト指導者養成講座(横浜)小児がんの子どものためのタッチセラピー指導者養成講座(横浜)NICUの赤ちゃんのためのタッチセラピー指導者養成講座(京都)小児タッチセラピー指導者養成トレーニングⅠ(京都)小児タッチセラピー指導者養成トレーニングⅡ(京都)自閉症児のためのタッチセラピー指導者養成トレーニング(長崎)小児タッチセラピー指導者養成トレーニングⅠ

本講座を何でお知りになりましたか?

本講座のどこが気に入りお申込になりましたか?

本講座へ期待すること、ご質問、ご要望等ございましたらお知らせください。

下記の画像に表示されている文字を入力してください。
captcha

全ての内容に問題がないことをご確認いただき、下記にチェックを入れて送信してください。

送信が成功しますと、本ページの一番下に、「送信されました」と表示されます。