TOP > 活動報告 > これまでの活動報告①

これまでの活動報告①

2011.12.05更新

過去の活動報告を掲載させていただきます。こちらは、2011年12月の活動報告です。

 

ティナアレン先生が来日し、まずは第1弾のベビーマッサージ指導者養成講座が終了しました!3日間は終えた皆さんは、今頃、最終試験に取り組んでいらっしゃる頃かと思います。そして、ほっとするのも束の間・・・半年以内のベビーマッサージクラスの開催に向けて、スタートを切っていることと思います。

修了証をもらい、涙を浮かべる皆さんを見て、私も涙がとまりませんでした。ティナ先生の目には、何か魔法がかかっていて、彼女に見つめられると、どうも涙がでちゃうんですよね。みなさん、最初は、この講座に来ること自体をとても迷われ、また、不安に思っていたとのことでしたが、終わった今は、「本当に来てよかった」「ティナ先生に出会えてよかった」という言葉を聞くことができました。

ティナ先生の情熱が、みなさんに伝わり、そして、多くの子どもたちへと伝わっていってほしいと心から思います。みなさんの1歩は、今、はじまったばかり♪まずは、課題をクリアして、前へ前へと進んでいってほしいと思います。

そして、昨日と今日の2日間は、NPO法人トラッソスさんのご協力で、知的障害を抱えるお子さんとその親ごさんたちに、小児タッチセラピーの方法をお伝えしてきました♪最初は、緊張気味のお母さんお父さんたちでしたが、ティナ先生のユーモアとエネルギー溢れる指導に、徐々に緊張がほぐれ、最後には大笑いが出るほどでした!印象的だったのは、みなさんの真剣なまなざしとタッチを受けた後のリラックスした表情。

ティナマジックにかかり、 緊張がほぐれ、涙を流す方もいました。そして、私も涙・・・・(笑)ティナ先生といると、涙を流すことが多くなるような気がします(笑)それだけ、彼女のハートからの言葉があふれているんですよね。こうしたボランティア活動は、ティナ先生のトレーニングを受けた方だけが参加できる活動です。去年の受講生はもちろんのこと、今年の受講生も参加することができます。

今週の金曜日には急きょ、千葉県の小学校への訪問も決まりました!100名近い小学1年生に、ピースフルタッチをお伝えしてくる予定です♪また、12月4日には、肢体不自由のお子さんと親ごさんにお集まり頂きますし、8日には、都内の児童養護施設に訪問します。

3週間の滞在中、完全なお休みはほとんどないティナ先生ですが、いつも私にこう言います。

「私のパッション(情熱)は、ひとりでも多くの子どもたちや親ごさん、先生たちに、タッチを伝えていくことなの。」

そのためには、時間と努力は惜しまない。

夢と情熱の大切さを、いつも教えられている気がします。

それでは、また!