TOP > 国際リドルキッズ協会について

国際リドルキッズ協会について

代表ティナ・アレンについて

国際リドルキッズ協会代表。米国UCLAこども病院をはじめとした医療機関にて、医師、看護師、保健師、助産師たちと、ベビーマッサージおよび、小児タッチセラピープログラムを開発。全米各地で、ベビー&チャイルドマッサージの指導者を養成する。また、国内での活動にとどまらず、タイやベトナムの病院においてもボランティア活動を行い、その功績は数々のメディアにて広く称えられている。2009年・2010年世界マッサージフェスティバル代表プレゼンター。全米テレビ番組やNBCなどでも、その活躍が取り上げられている人気講師。

国際リドルキッズ協会について

国際リドルキッズ協会の目的は、愛情のこもったタッチを実践することができる家族や指導者を育成することにあります。タッチを学ぶことにより私たちは、強く愛情に満ちた繋がりを子どもたちと持つことができるようになるのです。当協会は、多くの方々にタッチと育児の専門的な事柄を習得して頂くため、学ぶ機会とサポートを提供し続けています。当協会のトレーニングコースでは、医療ケアを必要とする子ども達から、健康な子ども達まで、様々な子どもたちに対するタッチセラピーとマッサージの方法について指導しています。ベビーマッサージ指導者養成講座をはじめ、小児タッチセラピー指導者養成講座、健康な子ども達のためのタッチセラピー、自閉症を持った子ども達へのタッチセラピー、ガンにかかった子どもたちへのタッチセラピー、脳性まひの子どもたちへのタッチセラピー、NICU(新生児集中治療施設)の子どものためのタッチセラピー、そして、キッズインコンタクトの指導者養成講座を行っています。当協会では、毎年、世界中を旅して子どもたちとの触れ合いを大切にしていますが、その際、リドルキッズ協会の認定指導者たちが、ボランティアで、孤児院や医療福祉施設、そして、子どもたちの家を訪ね、保護者や看護者が小児タッチセラピーやタッチケアが行えるように指導をしています。当協会の信念は、子どもたちは最高の贈り物であり、最大限の注意をもって接する必要がある」ということです。

国際リドルキッズ協会の日本事務局は、JABC日本ベビー&チャイルドケア協会が代行しており、受講前、受講中、受講後のサポートをしております。

 

当協会の特徴についてはコチラ → 国際リドルキッズ協会講座の特徴

 

〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山1214号

(株)マザーーミー内 国際リドルキッズ協会日本事務局

電話番号:0466-52-6910

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 代表ティナ・アレンからのメッセージ

タッチをして育てることの利点を、世界中の家族に伝えていくことは私の長年の夢でした。こうして日本に来日し、日本に住む赤ちゃん、子供達、そして、その家族に対してタッチを紹介できる素晴らしい機会をもつことができて、本当に幸運だと思っています。このベビーマッサージ指導者養成講座をおよび小児ケアマッサージ指導者養成講座通じて、皆さんと一緒にこの夢を共有し、日本全国に住む子供達の生活に良い変化をもたらすことができればと思います。ひとりではできないことも、みなさんで協力しあえば、多くのことができるものです。

皆さんは、認定ベビーマッサージ指導者および認定小児タッチセラピー指導者となることで、赤ちゃん・子どもとその家族の人生に特別な影響をもたらすことになるでしょう。リドルキッズ協会は、タッチを育み、こうした理念を共有しながら、世界を変えていく仲間達の集まりです。みなさん、リドルキッズ協会、そして、JABC日本ベビー&チャイルドケア協会の仲間たちと一緒に感動を分かち合いましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ティナ・アレン氏プロフィール

アレン氏は、15年以上にわたり、子どもたちやその家族に関わり、タッチケアの研究指導をしてきました。そして、現在では、ベビーマッサージの分野で国際的に評価される専門家となりました。

アレン氏は小児タッチセラピーをはじめ、ベビーマッサージ、自閉症タッチセラピー、脳性まひの子どものためのタッチセラピー、NICUの赤ちゃんのためのタッチセラピー、トラウマをもつ子どものためのタッチセラピー、キッズインコンタクト(子どもたちが学校でタッチを実践するプログラム)等のマスターティーチャー(先生を育成する指導者)です。特別な医療ケアが必要な乳幼児や子ども、その家族が抱える肉体的・精神的悩みに関する知見が深く、世界中の子どもたちに愛あるタッチを届けています。

ボランティア活動にも積極的に取り組み、世界各国の学校や病院等にて奉仕的な活動も行っています。また、入院中やホスピスにいる治療を必要とする子どもたちの関係者を対象に、特別トレーニングも実施してきました。これまでに、約1,600人のボランティアが参加しており、マッサージセラピスト、医師、理学療法士、看護師などが関わっています。

ロサンゼルスの小児病院では、米国内初の医療ケアを必要とする子どものための小児タッチセラピー(小児ケアマッサージ)プログラムを開発。難病を持ったリハビリ中の子どもたちに関わるボランティアやマッサージセラピスト、医療専門家たちを対象に各種トレーニングを行っています。難病を持った子どもたちのなかには、新生児及び幼児救急究明センター、新生児集中治療室にいる子どもたちや、網膜芽細胞腫、二分脊椎、脳性まひ を患った子どもたちなどがいます。こうした経験を踏まえ、UCLAにあるMattel子ども病院とCedars-Sinai メディカルセンターで小児マッサージプログラムを開発し、さらには、家庭内暴力から立ち直った女性と子どもに対するタッチの紹介プログラムも開発しました。

子どもたちの健康に対して、革新的なアプローチを行うことで、タッチが有益であることを、世界中の家族や専門家たちに指導してきました。これまでに英国、フランス、スウェーデン、カナダ、そしてタイに訪れています。

諸外国には、病気にかかり、孤児院で生活する乳幼児や子どもたちのケアを行うボランティアグループがありますが、こうした団体にも指導をしており、通常、触れてはいけないとされてきた子供たちにも、心のこもったタッチケアを受けることができるようになりました。こうして、アレン氏がタッチケアの指導者を育成することで、アレン氏の帰国後も、子どもたちは、タッチケアを受け続けることができるのです。タイには、国内唯一、特別な健康管理を必要とし、障害を持った子どもたちの為のBann Fuang Farr孤児院があります。アレン氏はここでも関係者を指導し、子どもたちにも小児ケアマッサージを施しました。Bann Fuang Farr孤児院の子ども達は、重度の脳水腫や脳性まひで盲目になり、特別な医療介入を必要としています。 こうした活動を継続するために、今後は、国際ボランティア団体と協力し、タイ、カンボジア、ラオス、およびインドに旅することも計画しています。

メディアでは、NBC放送の教育番組、“Bringing Home Baby”と、KCET とPBSの“A Place of Our Own”のテレビ番組でリドルキッズ協会の活動が取り上げられました。  また、”Canadian Parents and Parent Guide Canada”では、乳幼児及び子どもたちのマッサージの専門家としてアレン氏が紹介されています。また、子どもたちの為の最初の5人のカリフォルニアチャンピオンにも選ばれており、その献身的、情熱的活動に対してRichard Ryder賞が贈られ、2009年名誉あるマッサージセラピストの殿堂(Massage Therapy Hall of Fame)入りを果たしました。

アレン氏は、これまでに下記の施設や団体に対して講演を行っております。

UCLAMattel Children’s Hospital、Childrens Hospital Los Angeles、Cedars-Sinai Medical Center, First 5 LA, Infant Childhood and Relationship Enrichment Network, Department of Mental Health, Los Angeles Child Guidance Clinic, Valley Presbyterian Hospital, Glendale Memorial Hospital, Little Company of Mary Hospital, South Bay Counseling Center, PAC/LAC (Perinatal Advisory Council: Leadership Advocacy and Consultation), The International Association of Infant Massage, ELNEC (End of Life Nursing Education Consortium), Los Angeles Gay and Lesbian Center、及び、米国国内の主要な学校

 

Tina Allen Profile

tina                     With over a decade of service to children and families, Tina Allen, founder of leading children’s health and nurturing touch organization Liddle Kidz™ Foundation (LKF), has become an internationally respected educator, author and expert in the field of infant and pediatric massage therapy.

She is a Pediatric Massage Master Teacher, Developmental Baby Massage Teacher, and a Licensed Massage Therapist with specialized training in providing massage therapy for infants and children with special healthcare needs. Ms. Allen understands the varied physical and emotional needs of hospitalized and medically complex infants, children and their families.

Ms. Allen has also received international recognition for her work with children and families in numerous settings.

Awards & Honors

2013 AMTA/MA Distinguished Service Award
2012 Massage Therapy Foundation/Performance Health Humanitarian of the Year.
2011 International Massage Therapist of the Year
2009 Massage Therapy Hall of Fame Inductee
First 5 California’s Champion for Children
Richard Ryder Award for her dedicated and passionate service

Pediatric Massage/Healthcare Work

Ms. Allen managed the nation’s first comprehensive pediatric massage program at Children’s Hospital Los Angeles (CHLA), where she trained volunteer massage therapists and medical professionals to work with hospitalized Rehabilitation patients, medically complex infants in the Center for Newborn and Infant Critical Care (CNICC), Neonatal Intensive Care Unit (NICU), Children with Retinoblastoma, Spina Bifida and Cerebral Palsy.

She has developed and consulted on numerous pediatric massage programs including:

Mattel Children’s Hospital at UCLA
Cedars-Sinai Medical Center
The Mayo Clinic, Nemours/Alfred I. duPont Hospital for Children
Hasbro Children’s Hospital
Connecticut Children’s Medical Center
Shriner’s Hospital
Sutton Children’s MedicalCenter

International Healthcare/Child Care Advocacy

Her innovative approach to children’s health has allowed her the unique opportunity to educate families and professionals throughout the world in the many benefits of nurturing touch.

Through Liddle Kidz Foundation Global, Ms. Allen regularly organizes groups of professional volunteers to travel to other parts of the world to provide global outreach to children and their caregivers.

Global outreach focuses on vulnerable infants and children, especially those who are orphaned or have special healthcare needs.

Appearances/Media

A widely known expert in her field, Ms. Allen has appeared on:

NBC
TLC
The Learning Channel’s “Bringing Home Baby”
KCET
PBS’ “A Place of Our Own”
Vietnam Television - VCTV

Her work has also been featured in many international publications including:

Massage Magazine
Massage and Bodywork Magazine
Massage Therapy Journal
Massage Today Magazine

IDO NO NIPPON(The Japanese journal of Acupuncture & Manual Therapies)

She is featured as the Pediatric Massage, Infant Massage and Children’s Massage Expert on Canadian Parents and Parent Guide Canada.

As an invited speaker for major international conferences, Ms. Allen has presented for numerous healthcare and professional organizations throughout the world.

 

リドルキッズについて
こどもへのタッチ
セラピストになる
資料請求
スケジュール
お申し込み